Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WORM_DOWNAD」が首位へ、Gumblar関連も依然活発 - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、国内において3月8日から14日までに同社が感染や発見について報告を受けたウイルスの状況について取りまとめた。

トップは、2009年に流行した「WORM_DOWNAD」が前回から順位を上げてトップとなり、首位だった「MAL_OTORUN」は7位へと順位を落とした。続く2位となるのは、「JS_GUMBLAR」と見られる検知をまとめた「POSSIBLE_GUMB」が続いている。

「JAVA_BYTEVER」や前回ランク外となった「JS_ONLOAD」など、改ざん関連ウイルスは依然として活発でランキングに入っている。また「TROJ_GAMETHI」「TSPY_ONLINEG」などオンラインゲームのアカウントを狙うウイルスが上位に登場するなど目立った動きを見せた。

同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年3月8日から2010年3月14日まで)

1位:WORM_DOWNAD
2位:POSSIBLE_GUMB
3位:TROJ_GAMETHI
3位:TSPY_ONLINEG
3位:WORM_AGOBOT
3位:WORM_PALEVO
7位:ADW_SHOPPER
7位:JS_ONLOAD
7位:MAL_OTORUN
7位:JAVA_BYTEVER

(Security NEXT - 2010/03/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんなどは増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も
仮想通貨発掘スクリプトを多数検出 - 難読化や偽装による検出逃れも
2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増