Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「SharePoint Server」の画面キャプチャや印刷を制限 - ハイパーギア

ハイパーギアは、「Miscrosoft Office SharePoint Server」における表示画面の印刷やキャプチャを禁止することができるソフトウェアを4月9日より発売する。価格はオープン。

「画面プロテクトfor SharePoint」は、「ActiveXコントロール」を利用し、「Internet Explorer」上で「SharePoint Server」の情報を表示したページのコピー&ペースト、保存、印刷、キャプチャなどを防止することができるソフトウェア。

「SharePoint Server」のアクセスレベル画面からサイト単位やリスト単位で設定でき、暗号化サーバやプロキシサーバなど用意せずに制限をかけることができる。

(Security NEXT - 2010/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売
TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK
NTTデータSMS、複数顔認証による不正操作防止ソリューション
アーバー、脅威可視化プラットフォームの新版をリリース
「NIRVANA-R」がSyslog対応 - アラート発行でパケットキャプチャ
米Arbor、マルウェアや内部不正の検知ソリューション
テリロジー、パケットの収集から解析まで行うサーバ製品
dit、米Savviusの小規模ネットワーク監視アプライアンス
EMCジャパン、CISRTの構築や運用の支援サービス
システナ、セキュリティ機能搭載のスマートデバイス向けブラウザ