Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2月はトヨタ自動車のリコール問題に便乗するスパムが発生 - シマンテックレポート

シマンテックは、2月のスパムメールの動向についてまとめた月例スパムレポートを発表した。詐欺メールやフィッシングメールの割合が依然として高水準を保っているとして、注意を呼びかけている。

同レポートは、同社が調査用に用意した200万件のおとりアカウントを使用し、世界20カ国から収集したメールをもとにスパムに関する傾向を分析したもの。

レポートによれば、2月は詐欺メールとフィッシングメールの全スパムに対する割合が19%と、1月の21%からは微減したものの依然として高い水準を保っている。特にフィッシング攻撃は1月から16ポイントの増加を見せており、その原因として特定のURLおよびIPへの攻撃が増えたことを挙げている。

また、英語以外のフィッシングサイトの増加も目立っており、特にイタリア語とフランス語によるフィッシングサイトが大幅に増加したという。

(Security NEXT - 2010/03/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

10月のマルウェアメール、7カ月ぶりに減少 - 新種マルウェア5000万件割る
マルウェア感染メールの割合が6カ月連続増加 - 「Locky」の拡散も
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
マルウェア感染メールの比率が上昇 - スパムで自己拡散するランサムも
「注文を配送できません」とだますスパムが多数流通 - 「Amazon」「Apple」などのなりすましも
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し