Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ESETシリーズ」と「QAW/QND Plus」が連携、セキュリティ対策の管理負荷を軽減

キヤノンITソリューションズとクオリティは、クライアントPCにおけるセキュリティ対策ソフトの運用負荷を軽減する連携ソリューションを提供開始した。

キヤノンITSが提供しているセキュリティ対策ソフト「ESET Smart Security V4.0」および「ESET NOD32アンチウイルス V4.0」と、クオリティのIT資産管理ツール「QAW/QND Plus」の連携が実現したもの。

「QAW/QND Plus」のソフトウェア自動配布機能を利用することで、各PCへのESETの導入や乗り換えを効率的に行うことが可能。また、ソフトがインストールされていない端末や、定義ファイルが更新されていない端末を把握でき、組織内のセキュリティ対策状況を一元管理できる。

(Security NEXT - 2010/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人データからライフスタイルを提案する実証実験 - 富士通と電通
SBT「MSS for CASB」をスタート - ポリシー策定なども支援
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
認証サービス「ID Federation」がFIDO対応 - NTTコム