Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ESETシリーズ」と「QAW/QND Plus」が連携、セキュリティ対策の管理負荷を軽減

キヤノンITソリューションズとクオリティは、クライアントPCにおけるセキュリティ対策ソフトの運用負荷を軽減する連携ソリューションを提供開始した。

キヤノンITSが提供しているセキュリティ対策ソフト「ESET Smart Security V4.0」および「ESET NOD32アンチウイルス V4.0」と、クオリティのIT資産管理ツール「QAW/QND Plus」の連携が実現したもの。

「QAW/QND Plus」のソフトウェア自動配布機能を利用することで、各PCへのESETの導入や乗り換えを効率的に行うことが可能。また、ソフトがインストールされていない端末や、定義ファイルが更新されていない端末を把握でき、組織内のセキュリティ対策状況を一元管理できる。

(Security NEXT - 2010/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
フレクセラ、MSの「Intelligent Asset Manager」と連携