Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、「Windows 7」海賊版対策を強化 - 70以上の不正認証を検出

マイクロソフトは、Windowsの海賊版や偽造品対策として、ソフトウェア違法コピー対策用プログラム「Windows Activation Technology」をアップデートし、自動配信を開始した。

ソフトウェアの著作権侵害に対する活動の一環として、対策プログラムである「Windows Activation Technology(WAT)」の機能を強化したほか、「Get Genuine Online Kit」の提供を行うもの。

WATでは、70以上の不正認証を検出するほか、90日ごとに定期的に更新プログラムを通知。非正規ライセンスを利用しているユーザーに対して、「Windows 7正規ライセンスGet Genuine Online Kit」を提供する。

同社では、WATについて正規ソフトか確認するためのソフトであり、ユーザーのPCから取得する情報に個人情報は含まれていないと説明しており、「Windows 7」の機能に対する影響もないとしている。

(Security NEXT - 2010/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
悪質業者の手口を知ろう - 特許庁が模倣品や海賊版の撲滅キャンペーン
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
ネットカフェに海賊版OS、経営者らを逮捕
Linuxに感染する「Mumblehard」 - 少なくとも5年前から活動
「ニセモノは、かわいくない!」 - 特許庁が海賊版撲滅キャンペーン
「なりすましサイト」に注意、放置すれば売上減少やクレーム殺到も
ハロウィンの便乗詐欺サイトが登場 - 年末年始も注意を
「Office」の海賊版を販売した夫婦を逮捕