Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「釣られたらあかん」 - 不正サイトの見分け方を学べるゲーム

フィッシング対策協議会は、フィッシング対策の教育用コンテンツ「フィッシング フィル」を公開した。

今回公開されたのは、URLからフィッシングサイトなどを見分けるコツを学ぶことができるAdobe Flashによるゲーム。米Anti-Phishing Working Group(APWG)が提供しているものを翻訳し、日本向けにアレンジをくわえた。

主人公である小さい魚「フィル」をモチーフにしたゲームで、ゲーム中では、実在する国内のオンラインサービスや、報告が寄せられたフィッシングサイトのURLが登場。不正なURLに釣られないよう拒否しながら、制限時間内に正しいサイトURLを見分けてポイントを獲得していくことで知識を身につけることができる。

(Security NEXT - 2010/03/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JNSA、情報セキュリティ向上への貢献で2名を表彰 - 「セキュ狼」開発のWGも
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
システム管理者アカウントが奪われ、個人情報約7万件が流出 - 阪大
「SECCON Beginners 2018」の支援団体を募集 - SECCON
脆弱性学習ツール「AppGoat」を効率良く活用するための手引き - IPA
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
区立こども園の保育室で園児画像含むカメラが所在不明に - 台東区
ネット上の人権保護でAppleやGoogleなど民間と協定 - 欧州評議会
制御システムの37%で攻撃を検知 - 3割が製造業
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大