Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ブロードバンド利用者向けセキュリティサービスが100万契約を突破

NTT東日本は、同社ブロードバンドサービスの利用者向けに提供している月額制セキュリティ対策サービス「フレッツ・ウイルスクリア」が、100万契約を突破したと発表した。

2007年2月より提供しており、約3年で100件契約を突破した。また同年10月より「リモートサポートサービス」も提供しているが、ひと足早く150万契約を突破している。

同社では、今後コンシューマー向けだけでなく、中小企業の法人に対してもサービスを展開していきたいとしている。

(Security NEXT - 2010/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Chromebook」利用の教育機関向けにウェブフィルタリングサービス
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
GDPRの対応支援サービスを提供 - IIJ
SSK、3億円投じて大阪にSOC開設 - MSSなどを提供開始
脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム
ブラウザに非依存のフィルタリングサービスがAndroidに対応 - ALSI
AWS WAF向けにシグネチャ提供サービス - CSC
EMCジャパン、GRCプラットフォームに新版 - GDPR対応を支援
脆弱性情報を通知する「早期警戒情報サービス」 - DTRS