Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の神戸市関連サイトが「Gumblar」により改ざん - 改ざん期間は調査中

神戸市に関連する複数サイトの一部ページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。ウェブサイトはいずれもメンテナンスの状態となっている。

同市やデザイン都市・神戸推進会議が開催したイベント「Design Cruising KOBE 2009」や、神戸商工貿易センターの「神戸サンボーホール」において、一部ページが「Gumblar」により改ざんされたもの。同市では、今回の不正アクセスによる個人情報漏洩のおそれはないとしている。

3月9日にサイト運営する委託先より連絡があり問題が発覚。改ざん時期はわかっておらず、サイトを修正した3月11日にまでウェブサイトを閲覧した場合、脆弱性を攻撃されウイルスに感染するおそれがある。

同市では、心当たりがある利用者に対してウイルスへ感染していないかオンラインスキャンを実施するよう呼びかけている。

神戸市
http://www.city.kobe.lg.jp/

(Security NEXT - 2010/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

年末年始にかけてサイト改ざん、閲覧者に影響なし - 南紀白浜観光局
環境省の洋上風力発電実証事業関連サイトが改ざん - 偽通販サイト設置、外部不正サイトへの誘導も
「DLmarket」への不正アクセス、顧客のクレカ情報も被害か
サイトに不正アクセス、電子カルテなどへの影響なし - 徳島県鳴門病院
老舗洋菓子店の通販サイトが改ざん - 正規サイト内でフィッシング、クレカ情報被害
MS、2018年最後の月例セキュリティ更新 - 一部脆弱性でゼロデイ攻撃も
複数回にわたり改ざん被害、不正サイトへ誘導 - ソフトウェア開発会社
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処