Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の神戸市関連サイトが「Gumblar」により改ざん - 改ざん期間は調査中

神戸市に関連する複数サイトの一部ページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。ウェブサイトはいずれもメンテナンスの状態となっている。

同市やデザイン都市・神戸推進会議が開催したイベント「Design Cruising KOBE 2009」や、神戸商工貿易センターの「神戸サンボーホール」において、一部ページが「Gumblar」により改ざんされたもの。同市では、今回の不正アクセスによる個人情報漏洩のおそれはないとしている。

3月9日にサイト運営する委託先より連絡があり問題が発覚。改ざん時期はわかっておらず、サイトを修正した3月11日にまでウェブサイトを閲覧した場合、脆弱性を攻撃されウイルスに感染するおそれがある。

同市では、心当たりがある利用者に対してウイルスへ感染していないかオンラインスキャンを実施するよう呼びかけている。

神戸市
http://www.city.kobe.lg.jp/

(Security NEXT - 2010/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト改ざんで別サイトへ誘導 - 聖マリアンナ医科大東横病院
不正アクセスでイベント参加者の個人情報流出、匿名の通報で判明 - 忍野村
水位監視カメラ2台に不正アクセス、制御不能に - 八千代市
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「EC-CUBE」に固定したセッション利用する脆弱性 - 修正がリリース
クレカ番号詐取による被害が増加、JC3が注意呼びかけ
ルータのDNS改ざん攻撃、狙いはアジア圏? - 誘導元は韓国が最多
DNS改ざん誘導先アプリは正規版のリパック - 26日以降に150件以上のアクセス
一部「無線LANルータ」でDNS設定の改ざん被害 - 誘導先でマルウェア配布
「Apache HTTP Server 2.4」に認証回避など7件の脆弱性