Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数の神戸市関連サイトが「Gumblar」により改ざん - 改ざん期間は調査中

神戸市に関連する複数サイトの一部ページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染のおそれがあることがわかった。ウェブサイトはいずれもメンテナンスの状態となっている。

同市やデザイン都市・神戸推進会議が開催したイベント「Design Cruising KOBE 2009」や、神戸商工貿易センターの「神戸サンボーホール」において、一部ページが「Gumblar」により改ざんされたもの。同市では、今回の不正アクセスによる個人情報漏洩のおそれはないとしている。

3月9日にサイト運営する委託先より連絡があり問題が発覚。改ざん時期はわかっておらず、サイトを修正した3月11日にまでウェブサイトを閲覧した場合、脆弱性を攻撃されウイルスに感染するおそれがある。

同市では、心当たりがある利用者に対してウイルスへ感染していないかオンラインスキャンを実施するよう呼びかけている。

神戸市
http://www.city.kobe.lg.jp/

(Security NEXT - 2010/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ製品によるJPCERT/CCサイトの誤検知が復旧
一部セキュリティ製品がJPCERT/CCサイトをブロック - 異常見られず、アクセスに問題なし
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
複数のアイ・オー製ネットワークカメラに脆弱性
Android版「LINE MUSIC」に脆弱性 - 修正版がリリース
長野県立歴史館のサイトが改ざん - 第三者が画像や文言を追加
阪大の一部サイトが改ざん - 閲覧でマルウェア感染のおそれ
複数OSやファームウェアでBluetooth実装に脆弱性 - 盗聴や改ざんのおそれ
日本セーリング連盟のオリ強サイトが改ざん - 未使用の旧CMSが原因か
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件