Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバライセンスで利用できる公共団体向けシンクライアントシステム - 日立GP

日立公共システムエンジニアリングは、公共団体向けにクライアント仮想化ソリューションを提供開始した。

2Xアルファ・ソリューションズのシンクライアントソリューションを、同社とのパートナー契約を通じて提供するもの。同ソリューションでは、専用端末だけでなく既存PCをシンクライアントとしての活用することができるほか、設定項目が簡素化されており、複雑な調整が不要だという。

またサーバライセンスで提供するため、接続クライアント数により課金される製品より費用が抑えられると日立GPでは説明しており、計画や設計から構築までワンストップで提供していく計画。

(Security NEXT - 2010/03/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東芝情シ、オフィス向けセキュリティソリューションを展開
日立、仮想デスクトップ環境向けにUSBデバイス制御
CTCSP、ドコモ向けにタブレット型シンクライアントを供給
日立ソリューションズ、「VMware Horizon」向けに指静脈認証SSO
東芝、独自BIOSによる認証にも対応したシンクライアント
統合管理ツール「LanScope Cat7」最新版、シンクライアントやスマートデバイスなど対応環境拡充
MOTEX、「Citrix XenApp」などシンクライアントのログ取得に対応する新製品
Eugrid、シンクライアントとクラウドストレージを連携させた新製品
ソリトン、ログオン認証ソフトにスマートデバイス向けオプション
日立システムズ、Android向け本人認証ソリューションを発売 - VMSiCSのオプションとして展開