Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Mac版、Windows版に影響ある脆弱性を解消した「Safari 4.0.5」を公開

アップルは、同社ブラウザの最新版「Safari 4.0.5」を公開した。16件の脆弱性が解消されている。

URL処理の問題やリモートでコードが実行される「WebKit」に関する9件の脆弱性をはじめ、TIFFファイルの処理など「ImageIO」における4件の脆弱性に対応。

また細工が施されたカラープロファイル入り画像を表示した場合にコードが実行されるおそれがある「ColorSync」の脆弱性など16件の脆弱性を解消した。Mac版、Windows版いずれも影響があるという。

Safari 4.0.5 のセキュリティコンテンツについて
http://support.apple.com/kb/HT4070?viewlocale=ja_JP

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「クラウドコンピューティングのためのセキュリティガイダンス 第4版」が公開中
11月のフィッシング報告は414件増の1396件 - 「Apple」関連が7割
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
個人データの海外移転、「国内同水準」要件でパブコメ - 個人情報保護委
ゴルフ大会参加者の個人情報が所在不明 - 毎日放送
漫才コンテスト「M-1」のプレス向けメールで誤送信 - 朝日放送
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「ディズニーランド入場券が当選」 とだますマルウェアメール - 不自然な日本語に中国語も
市立中学校で生徒の個人情報を紛失 - 大阪市