Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル送受信サービスにファイル利用制限のオプション - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、ファイル送受信サービス「クリプト便」に、ファイルの暗号化やファイルの利用制限を実現するオプションを追加した。

「クリプト便」は、インターネット経由でファイルの安全な送受信を実現するサービス。通信の暗号化やウイルスチェック、誤送信防止、受信確認、送受信ログ管理などのセキュリティ機能を搭載している。

今回追加された「ファイルコントロールオプション」は、送信したファイルの暗号化をはじめ、ファイルを開くことができるPCを受信したPCのみに限定したり、編集やコピー&ペースト、画面キャプチャ、印刷の制限、ローカルディスクへの保存期限、閲覧可能時間の設定などが可能。

月額利用料は、共有サーバープランでは3万1500円、専用サーバープランは月額21万円から。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
「Active! zone」にサンドボックスオプション - PW付きファイルにも対応
ESETにEDR製品が追加 - クラウド型サンドボックスも提供
診断ツールにガイドラインチェック機能など追加 - NRIセキュア
パロアルト、AI活用でセキュリティ業務を簡素化するプラットフォーム
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充