Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル送受信サービスにファイル利用制限のオプション - NRIセキュア

NRIセキュアテクノロジーズは、ファイル送受信サービス「クリプト便」に、ファイルの暗号化やファイルの利用制限を実現するオプションを追加した。

「クリプト便」は、インターネット経由でファイルの安全な送受信を実現するサービス。通信の暗号化やウイルスチェック、誤送信防止、受信確認、送受信ログ管理などのセキュリティ機能を搭載している。

今回追加された「ファイルコントロールオプション」は、送信したファイルの暗号化をはじめ、ファイルを開くことができるPCを受信したPCのみに限定したり、編集やコピー&ペースト、画面キャプチャ、印刷の制限、ローカルディスクへの保存期限、閲覧可能時間の設定などが可能。

月額利用料は、共有サーバープランでは3万1500円、専用サーバープランは月額21万円から。別途初期費用が必要。

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Avastに新版、フィッシング対策や機密データ保護を強化
「FFIEC CAT」用いた金融機関向けセキュリティ監査サービス
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
アクロニス、バックアップソフトに新版 - ランサム対策を強化
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
ネットエージェント、「不正従業員調査サービス」を提供開始
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC