Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファロー、USBメモリ管理ソフトを機能強化 - 有効期限や自動データ消去機能など搭載

バッファローは、セキュリティ機能を搭載したUSBメモリの集中管理ソフトウェア「SecureLock Manager」をバージョンアップし、複数の新機能を追加した。

同製品は、セキュリティ機能を搭載した同社のUSBメモリ「RUF2-HSCW」「RUF2-HSC」「RUF2-HSCUW」「RUF2-HSCUW/3」「RUF2-FHS」において、セキュリティポリシーの集中管理を実現するソフトウェア。

今回のバージョンアップにより、指定した日数が経過するとパスワード変更を強制する「パスワード有効期限の設定機能」を追加。さらにまちがったパスワードを複数回入力した際、ロックにくわえてデータ消去を行う「自動データ消去機能」や特定のファイルがあるPCにのみメモリの使用を許可する「使用可能PC制限機能」などが利用できるようになった。

価格は4万8000円。従来製品のユーザーは無償でバージョンアップできる。

(Security NEXT - 2010/03/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
アイ・オー・データ、マイナンバー業務向けUSBメモリ
東芝情報システム、暗号化ソリューションにデバイス制御機能を追加
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ