Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

偽セキュリティ対策ソフトは2900件以上 - 400万人が購入した偽ソフトも

PCの脆弱性やウイルスなど、ユーザーの不安を煽って購入を迫る「偽セキュリティ対策ソフト」の拡大について、マカフィーはが警鐘を鳴らしている。同社では、すでに2900件以上のソフトが確認しているという。

同社研究機関では、サイバー犯罪者がワールドワイドにおいて得た収益が、3億ドル以上になると試算。ある企業の偽セキュリティ対策ソフトは、400万人以上の個人ユーザーが正規ソフトをして誤って購入し、1年で1億8000万ドルを荒稼ぎしたという。

ソフトウェアの件数は過去2年間で660ポイントの増加。特に過去12カ月間に報告された事件は400ポイント上昇した。同社は、巧妙な攻撃が行われており、PCに精通したユーザーが被害を受ける可能性があると指摘している。

(Security NEXT - 2010/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブ閲覧中の偽警告画面に注意 - 8月だけで相談200件
「ウイルス検出」とだます偽警告への相談、引き続き増加傾向
音楽配信サービス「Spotify」に不正広告 - マルウェア感染報告も
不正サイトの検知数が上昇 - iPhone6便乗詐欺も
フィッシングサイトの割合が上昇 - お中元に便乗した詐欺サイトも
マルウェア拡散の踏み台にされる日本マンガ - 海賊版サイトに潜む危険
夏場にあわせて詐欺サイトも変化 - 水着通販の偽サイトも
6月は不正サイト検知数が微増 - 大きな変化見られず
5月の不正サイトは前月から微減 - 9割以上が詐欺サイト
「Apple Watch」で誘う詐欺サイトに注意 - 割引販売で誘引