Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」対策機能を搭載したセキュリティアプライアンスサーバ - HDE

HDEは、ウイルス対策や迷惑メール対策のほか、HTTPやFTP通信のチェック機能を搭載したアプライアンスサーバ「tapirus Mvシリーズ」を、3月31日より発売する。

同製品は、メールとウェブのセキュリティ対策機能を統合したアプライアンスサーバ。エフセキュアのアンチウイルスエンジンによりマルウェア対策機能を提供するほか、HTTP、FTP、SMTP、POPによる通信をチェックする機能を搭載。

迷惑メール対策として、同社が国内で開発した迷惑メール対策ソフトウェア「HDE Anti-Spam」と同等のエンジンを搭載した。また同シリーズでは、「Gumblar」などサイトの改ざんが増加していることから、HTTP通信のチェック機能を追加した。

価格は、「Intel Atom プロセッサー 330」搭載でメモリ2Gバイトの「tapirus Mv1000」が79万8000円。「Intel Xeon X3440」搭載でメモリ4Gバイトの「tapirus Mv2000」が129万8000円。

(Security NEXT - 2010/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
チェック・ポイント、管理アプライアンスにハイエンドモデルを追加
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ジュニパー、SDSNプラットフォームにポリシー管理の自動化など追加
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ