Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客から受託した個人情報最大10万件を紛失 - 三井情報

三井物産子会社の三井情報は、システム開発で顧客から預かった最大10万件の個人情報が含まれるノートパソコンを紛失したと発表した。

3月3日に同社派遣社員が、派遣会社所有のノートパソコンを鞄ごと帰宅途中に紛失したもの。問題のパソコンには、テストデータなどシステム開発のために顧客から受託していた個人情報が保存されており、氏名や生年月日など最大10万件が含まれる。

同社は、パスワードを設定するなど一定の対策を実施していたと説明、現時点で不正利用などは確認していないという。また関係者へ経緯の報告や謝罪を行っており、紛失したノートパソコンの探索や個人情報の流出など継続して調査や監視を行う。

(Security NEXT - 2010/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で指導要録の紛失が判明 - 愛知県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
小学校で児童の個人情報を紛失 - 福岡市
幼稚園で園児の画像含むカメラを紛失 - 茨木市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
高校で生徒の緊急連絡先カードが所在不明 - 愛知県
顧客情報含む携帯端末を営業活動中に紛失 - ハナ信組
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
府立校9校で指導要録の紛失が判明、一部復元できず - 大阪府
長野県、薬剤師免許申請書類を紛失 - 業務には影響なし