Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNP、ワンタイムパスワードを表示できるキャッシュカードを開発

大日本印刷(DNP)は、カード上にワンタイムパスワードを表示できるキャッシュカードを開発と発表した。サンプル出荷を4月より開始し、6月より市場へ投入する。

同社が今回開発したカードは、ICチップや磁気ストライプ部との重なりをなくし、厚さ0.76ミリを実現。数字6桁から8桁のワンタイムパスワードをカード上に1万回以上表示できる。さらにATM利用時に必要となる耐久性についても確保したという。

10万枚を製造した場合の価格は、磁気カードタイプで1枚約1050円、ICカードの場合は1260円程度で、同社では金融機関やオンラインゲーム事業者などを対象に販売を展開する。

100309dn.jpg

(Security NEXT - 2010/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス証明書にも対応するクラウド向けSSOサービス - HDE
認証システム「RSA SecurID Access」に新版 - リスクベース認証を追加
楽天銀、法人口座利用者向けにOTPスマホアプリを提供
OBC、「Azure」を活用したマイナンバー管理サービス
ソルクシーズ、マイナンバーを収集管理するクラウドサービス
NTTコム、1600超のサービスに対応したSSOサービス
IIJ、スマホ用無料OTPアプリ - 端末変更時の移行にも対応
三菱東京UFJ、ネットバンク利用者にカード型トークン
ソフトクリエイト、cybozu.comでSSOを実現するオプション提供
NTTコム、企業向けSSOサービスのトライアル提供を開始