Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

店舗内の事務所で盗難発生、料金払込票が被害 - サークルKサンクス

サークルKサンクス近鉄八尾駅前店において盗難が発生し、顧客情報が記載された伝票の控えが被害に遭ったことがわかった。

持ち去られたのは、同店舗で2月25日22時35分から26日22時36分の間に取り扱った「料金収納払込票」の店舗控え349件。同店では26日23時にレジ精算金とともに店舗内の事務所にまとめて保管したが、従業員は店舗業務のため事務所を30分ほど離れた間になくなったという。

当初は、被害に遭ったのはレジ精算金のみと思われていたが、その後払込票もなくなっていることに気付き、あらためて警察に届け出た。払込票の種類により、氏名のみあるいは氏名および住所が記載されている。収納については正常に完了していると同社では説明している。

同社では、経済産業省や関連団体へ被害を報告し、対象となる顧客に説明と謝罪を進めている。また、紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2010/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

県立高校で個人情報含む書類を紛失 - 埼玉県
アンケート用紙が運搬中に飛散、一部紛失 - 名古屋観光コンベンションビューロー
高校教諭が成績情報など含むUSBメモリを紛失 - 静岡県
学生情報含むUSBメモリを紛失 - 石巻専修大
2店舗の顧客情報1.4万件含むUSBメモリを紛失 - ライフ
顧客情報1.4万件紛失、保存箱ごと所在不明に - 徳島信金
複数医療機関の患者情報含むUSBメモリが海外で盗難被害 - 福島県立医科大
教員が学生の個人情報を電車内で紛失 - 常葉大
有権者情報6000人分含むUSBメモリを紛失 - 相模原市選管
患者書類を車両屋根に置いたまま移動して紛失 - 茨城県西部メディカルセンター