Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「New York Times」の読者を狙ったターゲット攻撃が発生 - メッセージラボが確認

メッセージラボジャパンは、2010年2月に海外で複数の標的型攻撃を検知したと発表した。

2月中旬に確認したのは、ブラジルの複数銀行に装った攻撃で、利用者に対してメールの添付ファイルで、「Visual Basic」と「Inno Setup」を利用して実行するマルウェアが送りつけられたという。

インストールするアプリケーションを立ち上げると銀行のオフィシャルロゴを表示。さらにインストールするとデスクトップにロゴを利用したアイコンが表示される。

しかしアプリケーションを実行すると実物と酷似したオンラインバンキングサイトが表示されるものの、実際はトロイの木馬が起動してアカウント情報などを詐取するという。

一方「New York Times」のオンライン読者を対象とした攻撃が2月24日に確認された。攻撃対象は、イギリスの企業や公共機関、法律事務所、化学薬品、ギャンブル企業など6組織へ送信された。送信にボットネットは利用されていなかったという。

読者の元に届いたプログラムは、「Times Reader Plugin.exe」などと名乗るものの、入力した情報などを暗号化して外部へ送信するキーロガーで、しばらくすると自身を削除するなど、隠蔽工作も行われていた。

(Security NEXT - 2010/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮サイバー攻撃の脅威データを「STIX」で公表 - 「FALLCHILL」「Volgmer」の感染チェックを
セキュリティ競技大会「Trend Micro CTF 2017」、6月に予選開催
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
「Flash Player」が緊急アップデート - ゼロデイ攻撃が発生
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加