Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中堅、中小企業向けUTM製品を発売 - ウォッチガード

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパンは、中堅企業向けアプライアンス製品「WatchGuard XTM 5シリーズ」「同XTM 2シリーズ」の提供を開始した。

両製品は、OSに「WatchGuard XTM」を採用したUTM製品。ディープパケットインスペクション、ステートフルパケットインスペクションといった機能とプロキシーを組み合わせることで、アプリケーション層による保護を実現した。

「同XTM 5シリーズ」は、ファイアウォールで最大2.3Gbpsのスループットを確保しており、最大1500ユーザーが利用できる。ウイルス対策やIPS、IDS、フィルタリング、スパム対策など利用している場合でも800Mbps動作するほか、クラスタリングに対応している。

一方「同XTM 2シリーズ」は中小企業向け製品で最大50ユーザーまで利用可能。無線LAN対応モデルを用意しており、管理者は、ユーザグループのインターネットに対するアクセス権限を個別に制御することができる。

(Security NEXT - 2010/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始