Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PCI DSSに準拠」「iTunes特有の問題ではない」 - 音楽サイト不正請求問題でiTunesが消費者庁へ回答

音楽配信サイトにおいて利用者のIDが不正に利用され、心当たりがない請求が発生、全国の消費者生活センターなどへ相談が寄せられている問題で、消費者庁は業界大手のiTunesへ情報提供を求めていたが、3月2日にiTunesから回答があり、内容が公表された。

「不正利用の事例を把握しているか」との照会に対して同社は、「日本において請求の問題は異常に増加しているとの認識はない」としながら、利用者から依頼をうけた際に実態の調査を進めていると説明。

実態把握の状況について「特定の利用者に関わり、プライバシーの問題」としてコメントを避けた。また「(同社から)情報が漏洩した証拠もない」と回答している。

こうした問題が発生する原因としては、「クレジットカード詐欺」「メールアドレスの漏洩」「利用者による誤入力やフィッシング詐欺」によるものとし、同社特有の問題ではないと反論している。

(Security NEXT - 2010/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「違法画像を見た違反金を支払え、ただしiTunesカードで」 - 警察庁装う詐欺サイト
Apple、「iOS 10.3」をリリース - 84件の脆弱性を修正
身に覚えのないiPhoneアプリ請求書に注意 - 「支払いキャンセル」の先は偽サイト
「MyJVN バージョンチェッカ」が「Chrome」や「iTunes」などに対応
プロクシー利用時に影響受ける脆弱性「FalseCONNECT」 - OS XやiOSは修正済み
Android向けランサムウェアが日本語に対応 - 雑な設定、iTunesカードを要求
LINEも実施したiPhoneクローン対策 - 対策アプリで思わぬトラブルも
脱獄iPhone狙うマルウェア - Apple IDを窃取
「Apple」便乗フィッシングが1年で3倍に - 開発者もターゲットに
ANA、マイレージサービスの数字4桁認証を刷新 - iTunesギフト交換も再開予定