Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

互換性チェック機能を追加して「MS10-015」の自動配信を再開 - MS

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラム「MS10-015」において、適用したユーザーの一部で不具合が発生していたことから自動配信を停止していたが、対策を講じた上で自動配信を再開した。

32ビット版のWindowsにおいてマルウェア「Alureon」へ感染するなど、システムが改ざんされた状態で同プログラムを適用した場合、ブルースクリーンが表示される不具合が報告されていたことから、自動配信を停止していたもの。

配布が再開されたプログラムについては、適用上の互換性を確認したうえで配信、問題があるシステムではエラーを表示し、適用されることはないという。

2010年2月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms10-feb.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中
日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中
通販サイト「ZOZOTOWN」でシステム障害 - 原因はDBトラブル
Bitcoin取引所のCoincheck、障害で取引無効化 - ロールバック実施
警視庁のウェブサーバに大量アクセス - 一時閲覧不能に
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
Z会の新年度向けシステムがシステム障害 - 申込受付を停止
横浜市の住基ネット障害、手順書記載ミスで
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ