Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Teradataデータベース」でカラム単位の暗号化製品を発売

日本テラデータは、「Teradataデータベース」で利用できる米Protegrityの暗号化ソフト「Protegrity DPS」を発売した。

同製品は、「Teradataデータベース」においてカラム単位の暗号化を実現するセキュリティ対策製品。管理ツールで設定したセキュリティポリシーに基づき、データ操作や閲覧を制限。データベース管理者権限とセキュリティ管理者権限をわけて管理できる。

同社は販売にあたり、Protegrityの販売代理店であるMONETの支援を受ける。価格は、Teradata SMPサーバの単一ノード向け最小構成ライセンスで1020万6000円。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
チエル、教育機関向けにファイル暗号化ソリューション
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
HPE、「IceWall SSO」に新版 - 複数認証レポジトリに対応
Windows端末内の個人情報を削除、暗号化するソフト - AOSデータ
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御
NEC、IRMソリューションを機能強化 - 「OneDrive」に対応