Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Teradataデータベース」でカラム単位の暗号化製品を発売

日本テラデータは、「Teradataデータベース」で利用できる米Protegrityの暗号化ソフト「Protegrity DPS」を発売した。

同製品は、「Teradataデータベース」においてカラム単位の暗号化を実現するセキュリティ対策製品。管理ツールで設定したセキュリティポリシーに基づき、データ操作や閲覧を制限。データベース管理者権限とセキュリティ管理者権限をわけて管理できる。

同社は販売にあたり、Protegrityの販売代理店であるMONETの支援を受ける。価格は、Teradata SMPサーバの単一ノード向け最小構成ライセンスで1020万6000円。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
暗号化通信対応パブリックDNSサービスを試験運用 - IIJ
BBSS、iPhone向けに詐欺SMS対策アプリ - 外部サーバで解析
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
次期バージョン「OpenSSL 3.0.0」の設計概要が公開
NTTコム、セキュリティ強化した翻訳サービス - 専有環境で処理、辞書など暗号化
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
アンラボ、スマートデバイス向けに情報保護アプリ
ランサムウェア「PyLocky」の無料復号ツールが公開 - ただし条件あり