Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Teradataデータベース」でカラム単位の暗号化製品を発売

日本テラデータは、「Teradataデータベース」で利用できる米Protegrityの暗号化ソフト「Protegrity DPS」を発売した。

同製品は、「Teradataデータベース」においてカラム単位の暗号化を実現するセキュリティ対策製品。管理ツールで設定したセキュリティポリシーに基づき、データ操作や閲覧を制限。データベース管理者権限とセキュリティ管理者権限をわけて管理できる。

同社は販売にあたり、Protegrityの販売代理店であるMONETの支援を受ける。価格は、Teradata SMPサーバの単一ノード向け最小構成ライセンスで1020万6000円。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業