Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者の個人情報や診療情報含むUSBメモリが院内で所在不明に - 都立広尾病院

東京都立広尾病院において、患者の氏名や診療情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

所在不明になっているUSBメモリには、2005年11月から2009年9月の間に下部消化管出血で同院を受診した患者138人のカタカナ表記氏名、年齢、性別のほか、臨床症状や診断名、出血部位、基礎疾患など詳細な診療情報が含まれる。

2月7日に医師が使用し、その後16日に再び使用しようとした際、所定の保管場所に見当たらないことに気付いた。紛失したUSBメモリには、パスワードが設定されているという。

同院では対象となる患者に説明と謝罪を行うとともに、情報管理の徹底を促す注意喚起文書を配布するなど、再発防止策を講じるとしている。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院