Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マカフィー、一元管理が可能なセキュリティUSBメモリをリリース

マカフィーは、暗号化機能やアンチウイルス機能などを備え、単一コンソールによる一元管理が可能なセキュリティUSBメモリ「McAfee Encrypted USB」を、3月15日より発売する。

同製品は、複数のセキュリティ機能を搭載したUSBメモリ。デバイス上にデータを保存する際、AES 256ビットの暗号化を行うことで、米国政府が定めたガイドライン「FIPS」にも対応。認証済みのユーザーのみデータへのアクセスが許可されるため、安全に持ち出すことができる。

また、デバイス内に組み込まれたアンチウイルスエンジンがスキャンを行い、感染時にはウイルスの除去も行うため、社内への感染拡大が防げる。さらに統合管理ソリューション「McAfee ePolicy Orchestrator」によるデバイスの一元管理も可能。

価格は、容量1Gバイトが1万290円、2Gバイト1万5750円、4Gバイト2万790円、8Gバイト3万6750円となっている。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
アークン、複数のセキュリティ機能を搭載したサーバ
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
ALSI、「InterSafe ILP」の新版 - 自動バックアップ機能など
ネットワールド、制御システム向けセキュリティパックを発売
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品