Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非構造化データの管理向上を実現する「Symantec Data Insight」

米Symantecは、非構造化データの効率的な管理や不正利用を防止する新技術「Symantec Data Insight」を発表した。

同社によれば、同技術をDLPやストレージソリューションへ搭載することにより、ドキュメントやメールといった非構造化データの所有者や使用状況を把握でき、適切な情報資産管理を実現するという。

最初に搭載されるのは、DLPソリューション「Symantec Data Loss Prevention」となる予定で、さらにストレージ関連ソリューションへの搭載など2010年中に対応する計画。

「Symantec Data Loss Prevention」では、データを監視し、データの所有者を特定やデータのクリーンアップし、情報へのアクセスや利用状況を可視化。重要情報の識別やアクセス方法の変更など対策を実現する。

また同技術とストレージ管理ソリューションとの統合することで、非構造化データにおける保存コスト最適化などに活用できる。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネットサービスの14%、PWを平文管理 - 多要素認証実施は2割
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
制御システム向けにリスク評価サービス - BBSecとテリロジー
代表メールに不正アクセス、スパムの踏み台に - 札幌国際プラザ
学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
「Cisco ESC」に深刻な脆弱性 - 管理者権限で操作されるおそれ
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
「Cisco Nexus 9000シリーズ」にroot権限奪われるおそれ