Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

非構造化データの管理向上を実現する「Symantec Data Insight」

米Symantecは、非構造化データの効率的な管理や不正利用を防止する新技術「Symantec Data Insight」を発表した。

同社によれば、同技術をDLPやストレージソリューションへ搭載することにより、ドキュメントやメールといった非構造化データの所有者や使用状況を把握でき、適切な情報資産管理を実現するという。

最初に搭載されるのは、DLPソリューション「Symantec Data Loss Prevention」となる予定で、さらにストレージ関連ソリューションへの搭載など2010年中に対応する計画。

「Symantec Data Loss Prevention」では、データを監視し、データの所有者を特定やデータのクリーンアップし、情報へのアクセスや利用状況を可視化。重要情報の識別やアクセス方法の変更など対策を実現する。

また同技術とストレージ管理ソリューションとの統合することで、非構造化データにおける保存コスト最適化などに活用できる。

(Security NEXT - 2010/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
元従業員が不正アクセス、セキュリティ対策ソフトを削除 - NEXCO中日本子会社
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
パーソナルデータ利用、旅行先では日常より許容する傾向
旧政府サイトのドメインを第三者が取得 - なりすましサイトを発信
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
理学療法士免許申請書類を紛失 - 千葉県
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース