Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高負荷ネットワークからファイル共有ソフト上の漏洩データを検出、削除する技術 - NECが開発

NECは、「Winny」をはじめとするファイル共有ソフトなどで漏洩したファイルを特定し、流通を防止する技術を開発したと発表した。

今回開発した技術は、総務省の「情報漏えい対策技術の研究開発」の研究成果。従来のハッシュ情報や、ファイルに含まれる文字列を利用したデータの特定ではなく、同社が開発した「特徴抽出技術」を活用している。

ファイルの特徴から特定するため、漏洩したファイルはもちろん、閲覧や保存する課程で設定情報が変化した派生ファイルについても検出が可能。また高速パケット処理を行うネットワーク機器へ実装できるフィルタを開発し、高トラフィックの状況において、P2Pプロトコルのデータを抽出、さらに「高速流出情報検索技術」で、流出データを発見、削除できるという。

今後も同社では、漏洩対策技術として研究開発を進める。

(Security NEXT - 2010/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
踏み台被害や不正通信を報告せず - 核物質管理センター
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
Lenovoのファイル共有ソフトに複数の脆弱性
核関連機関の端末が不正通信 - 核物質防護への影響は否定
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕