Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

改ざん検知ソリューション「Tripwire Enterprise」の導入を支援 - KCCS

京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、改ざん検知ソリューションの導入を支援する「Tripwireプロフェッショナルサービス」の提供を開始した。

同サービスは、故意や過失によるシステムの変更を検知するソリューション「Tripwire Enterprise」の導入を支援するサービス6種類を提供するもの。同ソリューションは、システムだけでなく、ウェブサイトの不正改ざんの検知にも活用できる。

変更や改ざん検知時のアラート量をチューニングする「Tripwire アラートチューニングサービス」、同サービスと既存のパフォーマンスチューニングサービスをパッケージ化した「Tripwireコンサルティングサービスパック」を用意。

またTripwire Enterprise用サーバの推奨スペックを案内する「Tripwire サイジングサービス」や「Tripwire管理コンソール冗長化サービス」「Tripwire冗長化監視対象インストレーションサービス」など環境構築についても支援する。

(Security NEXT - 2010/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト