Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Web感染型マルウェア対策コミュニティ」が発足 - 一般企業企業の参加も歓迎

ウェブ感染型ウイルスに対する情報交換や対策など進める「Web感染型マルウェア対策コミュニティ」が設立された。

同組織は、脅威が拡大しているウェブ感染型ウイルスについて、啓発活動、緊急事案や統計情報の交換、攻撃手法などの研究分析、情報公開、技術協力など対策を進めていくことを目的とした任意団体。

調査会員と賛助会員で構成され、調査会員により、メーリングリストや定例会議などを通じて調査や研究を行い、成果を賛助会員やJPCERTコーディネーションセンターへ提供する。

100302wc2.jpg

発足当初、調査会員として「インターネットイニシアティブ」「インフォセック」「NRIセキュアテクノロジーズ」「グローバルセキュリティエキスパート」「サイバーディフェンス研究所」「フォティーンフォティ技術研究所」の6社のほか、賛助会員8社が参加している。

(Security NEXT - 2010/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
警察庁把握の標的型攻撃メール、前期から半減するも高水準 - 「Excelファイル」が約半数
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
2018年2Q、攻撃検知数が前期比20.9%増 - カスペまとめ
2017年4Q、不正送金マルウェアが1.6倍に - 年初の70倍
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
約2割の企業がサイバー犯罪被害 - 国内では知財被害目立つ