Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「F1キー」を押すと不正コード実行されるIEの脆弱性 - MSが対応を検討

マイクロソフトは、同社ブラウザ「Internet Explorer」の「VBScript」処理に脆弱性があるとしてアドバイザリを発表した。

「Windows 2000」「Windows XP」「Windows Server 2003」でIEを利用する際に影響を受けるもので、悪意のあるサイトで細工されたダイアログボックスを表示した際に、ユーザーが「F1」キーを押した場合、任意のコードが実行される可能性があるという。「Windows Vista」「Windows 7」「Windows Server 2008」については、影響を受けない。

同社では、現時点で脆弱性を悪用した攻撃については確認していないとしており、セキュリティ更新プログラムの提供も含め、対応を検討している。

VBScript の脆弱性により、リモートでコードが実行される
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/advisory/981169.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Fluentd」向けプラグイン「parse Filter Plugin」に脆弱性
MSのマルウェアスキャンエンジンに深刻な脆弱性 - 定例外アップデートを実施
脆弱性2件を修正した「OpenSSL 1.0.2n」がリリース
多数メールクライアントに送信者偽装できる「Mailsploit」が判明 - 送信ドメイン認証では防げず
「iOS 11.2」では脆弱性14件を解消 - 「KRACK」の修正対象を拡大
「公的個人認証サービス」のインストーラに再び脆弱性
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
Mozilla、「Firefox 57.0.1」で脆弱性2件を解消
複数のバッファロー製ルータに脆弱性 - アップデートが公開
「Apache Struts 2」の「RESTプラグイン」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ