Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IE 8利用によるセキュリティ対策を呼びかけるキャンペーン

マイクロソフトら7社は、「IE 8」の利用促進を進める「セーフティ! オンラインプロジェクト」をスタートした。

同プロジェクトでは、最新のブラウザ「Internet Explorer 8」を利用することにより、セキュリティ対策が向上するなど、重要性を呼びかける啓発プロジェクト。オンラインサービスおける不安の払拭や利用促進のほか、オンラインサービス提供者側のセキュリティ対策による負担の軽減などを目指すとしている。

マイクロソフトのほか、ヤフー、楽天、ゲッティコミュニケーションズ、デジット、フェンリル、ラフデッサンの6社が参加しており、今後参加パートナーを募り、6月まで100社を目標に活動を進める。

マイクロソフトでは、参加企業の専用プロジェクトページを提供したり、カスタマイズした「Internet Explorer 8」を提供。また参加企業は、バナーの掲載やカスタマイズ版IEの提供を行う。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
若手エンジニア支援「すごうで2018」、急病時に役立つウェアラブル端末について開発支援
サイバー防御演習「CYDER」、2018年度は一般事業者も受講可能に
不正競争防止法改正案、データの不正取得や保護破りサービスも対象に
CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定
「kusabi」の標準化を推進するコンソーシアムが設立
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで