Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IE 8利用によるセキュリティ対策を呼びかけるキャンペーン

マイクロソフトら7社は、「IE 8」の利用促進を進める「セーフティ! オンラインプロジェクト」をスタートした。

同プロジェクトでは、最新のブラウザ「Internet Explorer 8」を利用することにより、セキュリティ対策が向上するなど、重要性を呼びかける啓発プロジェクト。オンラインサービスおける不安の払拭や利用促進のほか、オンラインサービス提供者側のセキュリティ対策による負担の軽減などを目指すとしている。

マイクロソフトのほか、ヤフー、楽天、ゲッティコミュニケーションズ、デジット、フェンリル、ラフデッサンの6社が参加しており、今後参加パートナーを募り、6月まで100社を目標に活動を進める。

マイクロソフトでは、参加企業の専用プロジェクトページを提供したり、カスタマイズした「Internet Explorer 8」を提供。また参加企業は、バナーの掲載やカスタマイズ版IEの提供を行う。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのセキュリティや脅威がテーマのカンファレンス - 2月に都内で
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
DTRSと情セ大、AI用いたダークウェブからの情報抽出で共同研究
オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
Akamai、セキュリティ機能備えたDNSを展開する米Nominumを買収
富士通研、複数ブロックチェーンを接続する新技術 - トランザクション同期も
NRIとMS、「金融デジタルイノベーションコンソーシアム」を設立
自動走行車両セキュリティの政府事業を受託、評価手法の国際標準化も視野に - DTRS
政府、「サイバーセキュリティ国際キャンペーン」 - ASEAN諸国と連携
総務省、テレワーク推進に向けた専門家派遣の申請受付を開始