Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モニタリングや不正変更を防止するコンプライアンス対策製品 - マカフィー

マカフィーは、ネットワーク機器のモニタリングや不正変更の防止など企業のコンプライアンス対策を実現する4製品「McAfee Application Control」「McAfee Change Control」「McAfee Embedded Security」「McAfee Integrity Monitor」を発売した。

「McAfee Application Control」では、サーバやクライアントPCにおけるアプリケーションの利用を制限でき、不正なプログラムの実行を阻止することが可能。管理者が設定を行わなくても、ダイナミックにホワイトリスティングを生成できる。

「McAfee Change Control」では、設定の変更を検知し、ログへ記録。不正な変更を許可せず、管理者へアラートを送信する。

「McAfee Integrity Monitor」では、サーバやデータベース、ネットワーク機器などモニタリングを実施し、変更したユーザーをはじめ詳細なデータを記録し、インシデント時に活用可能。さらに「McAfee Embedded Security」は、ATMをはじめとする組み込み機器におけるマルウェア感染を防止する。

また各製品は、同社製品「McAfee ePolicy Orchestrator」による一元管理に対応しており、レポートを参照することができる。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
JPCERT/CC、Windows「Sysmon」ログの解析可視化ツールを開発 - GitHubで公開
マルウェア感染や不正利用など「RPA」のリスク管理支援ツール
日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC