Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

資産額など記載された国保滞納者リストが流出、第三者から写しが送付 - 大阪市

大阪市淀川区役所が保管していた国民健康保険料滞納者の個人情報リストが、外部に流出していたことがわかった。

流出したのは、国民健康保険料滞納者の資産について調査した際、金融機関から提供されたリスト。2008年11月に照会した際に受け取ったもので、調査対象者12人の氏名、住所、生年月日、預金の有無、金融機関名称などのほか、預金がある場合には口座番号や店舗名、残高などが含まれるという。

リストに記載された住民に対し、第三者から名簿の写しが送付されたもので、同市へ2月23日に届出があり、流出が発覚した。同市では原因を調べているが、流出経路はわかっていないという。同市では対応について警察に相談した上で、記載対象者への説明と謝罪、原因究明を進めている。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学内関係者向けサイトに不正アクセス、PWや個人情報が流出 - 東京理科大
黒大豆の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
償還予定表など顧客情報含む書類が所在不明に - 住宅金融支援機構
患者の個人情報含むメールを第三者へ誤送信 - 大阪市
確認のためメアドをメール本文に、そのまま誤送信 - 佐賀県
サポートサイトに不正アクセス、顧客情報が流出 - 日立ICS
農業従事者向けメールで誤送信 - 富山県
メール送信ミスで講習受講希望者のメアド流出 - 香川大
映画「おっさんずラブ」エキストラ応募者へのメールで誤送信
ワイン醸造所通販サイトでクレカ情報流出か - 正規利用以外の情報も