Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サーバの全ファイルをチェックする改ざん対策サービス「Gumblar Watch」が登場

リンク、エーティーワークス、インフォリスクマネージの3社は、共同でウェブサイトの改ざんチェックサービス「Gumblar Watch」を提供開始する。

同サービスは、ウェブサイトの改ざん被害について調査する「Gumblar改竄被害調査」や、調査後にチェックし、メールで状況を知らせる「改竄チェッカー」を提供するもの。オプションでHTMLの差分調査にも対応する。

「Gumblar改竄被害調査」では、FTPサーバのアクセスログやHTMLファイルのスクリプトタグを調査し、診断結果や対策を提供。一方「改竄チェッカー」では、調査後のサーバについて調査対象のサーバに改竄監視プログラムを設置、継続的にチェックし、追加や更新、削除されたファイルを検出しメールで通知する。

価格は、同一ドメイン、300ページ以内で52万5000円から。「改竄チェッカー」は無償で提供し、4月より有償版を7350円/月で提供する予定。

(Security NEXT - 2010/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
セキュアブレイン、インフラやウェブアプリの脆弱性診断サービス
大商、ワンコインのセキュリティ支援サービス - 中小企業向けに提供
マクニカと凸版、IoT機器へのセキュアICチップ組込で協業
サイト改ざんチェックサービスに「WordPress」の脆弱性診断機能
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト