Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正スクリプト「JS_GUMBLAR.SMF」が初登場 - トレンド週間ランキング

トレンドマイクロは、2月15日から25日までに国内や海外において、感染や発見報告を受けたウイルスの状況について取りまとめた。

国内では「POSSIBLE_MLWR-13」が前週より引き続きトップだが、2008年11月に発生し、メッセンジャー経由で拡大するワーム「WORM_INJECT.AJ」も同率で首位となった。

また5位から「TROJ_BREDLAB.SMP」が、7位から「TROJ_PALEVO.AO」がいずれも3位に入った。さらに不正サイトへ誘導するスクリプト「JS_GUMBLAR.SMF」も初登場3位となった。同じく「Gumblar」関連の「JS_ONLOAD.SMZ」についても前回調査より順位を落としたもの6位へ入っている。

同社が検知したウイルスのランキングは以下のとおり。

国内のウイルス感染および発見報告数(2010年2月15日から2010年2月21日まで)

1位:POSSIBLE_MLWR-13
1位:WORM_INJECT.AJ
3位:TROJ_BREDLAB.SMP
3位:TROJ_PALEVO.AO
3位:JS_GUMBLAR.SMF
6位:CRYP_MANGLED
6位:JS_ONLOAD.SMZ
6位:MAL_OTORUN
6位:WORM_ONLINEG.KQD
10位:WORM_PALEVO.SMF
10位:WORM_POLACO.A

全世界のウイルス感染および発見報告数(2010年2月19日から2010年2月25日まで)

1位:POSSIBLE_MLWR-13
2位:MAL_OTORUN2
3位:CRYP_MANGLED
4位:MAL_OTORUN1
5位:MAL_XED-22
6位:POSSIBLE_HIFRM-5
7位:MAL_NAIX-7
8位:CRYP_KRAP
9位:MAL_INFOSTL
10位:WORM_DOWNAD.AD

(Security NEXT - 2010/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
2018年1Qはコインマイナーが2.2倍、ランサムは315分の1に
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
過去1年間に経験したネット犯罪被害、最多は「詐欺メール」
専門家などが選ぶ「セキュリティ10大脅威」 - セキュリティ人材不足が5位に
2017年4Qの不正プログラム検出数は82万件 - 「CoinMiner」の報告も
「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中
2017年の悪意あるファイル、1日あたり36万件 - 前年比11.5%増
過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増