Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

緑と赤が印象的なイタリアのオープンソースUTMを国内発売 - プラムシステムズ

プラムシステムズは、オープンソースUTMを開発する伊Endianとディストリビュータ契約を締結し、同社製品の国内販売やサポートを開始すると発表した。

同製品は、ファイアウォール、IDSやIPS、フィルタリング、QoS、VPN、ルータ機能など備え、ウェブブラウザより管理できるUTMソリューション。日本語のフィルタリングにも対応している。また複数台を一元管理できる「EndianNetwork」を用意している。

100226en.jpg

同社では、製品ラインナップとしてハードウェアアプライアンス8機種やソフトウェアアプライアンスを販売するほか、保守サービスを展開していく。

オープンソース版ではウイルス対策エンジンにClamAVを採用しているが、商用版では、「Sophos Antivirus」をオプションとして選択することが可能。

またスパム対策エンジンのオプションとして「Commtouch RPD」が利用できるほか、HA機能やホットスポット機能、「Endian VPN Client」の提供など、商用版向けの機能を搭載した。

発売当初は、日本語のセットアップガイドが付属し、ユーザーインタフェースやオンラインマニュアルの日本語化は、今後対応していく予定。時期は未定だが、同社では2、3カ月以内に提供したいとしている。

(Security NEXT - 2010/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援
UTMに運用支援とサイバー保険を付帯したパッケージ
ウォッチガード、UTMの新モデルを発表 - HTTPSトラフィックに最適化
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
「SKYSEA Client View」に新版 - UTMとの連携に対応
キヤノンITS、Clavister製UTMを発売 - IoTへの応用も検討
NECネッツエスアイ、中小企業向けUTM運用サービス
NTTコム、VPNのオプションでUTM機能を提供
CITS、Clavister製UTMのフルタイム保守サービスを開始