Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

大学が学生に提供するポータルやウェブメールもフィッシング攻撃の標的に

フィッシング攻撃の矛先が広がりを見せている。金融機関を偽装する攻撃が中心だが、教育機関をはじめ、一般企業への攻撃が懸念されている。

メディア向けに説明を行ったRSAセキュリティのマーケティング統括本部プロダクトマーケティングマネージャーである水村明博氏によれば、1月に確認されたあらたな傾向として、米国大学が攻撃対象となっているという。

100225rs.jpg
水村氏

問題のフィッシング攻撃は、大学が学生へ提供するウェブポータルやウェブメールを装ったもので、ログインアカウントが詐取されるおそれがある。今まで発見された攻撃は米国の大学に対するもので、同国以外の大学を対象とした攻撃は見つかっていない。

(Security NEXT - 2010/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超