Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

児童の個人情報含むUSBメモリなどが車上荒らしで盗難 - 堺市

堺市の小学校教師が量販店の駐車場で車上荒らしに遭い、児童の氏名含むUSBメモリや未採点のテスト用紙などが盗まれたことがわかった。

被害に遭ったのは、堺市立五箇荘東小学校の教師が担任しているクラスの児童に関する個人情報。2月22日19時ごろ、市内の量販店駐車場にとめていた自家用車が車上荒らしに遭い、車内にあった鞄が盗まれたという。

持ち去られた鞄には、クラスの児童34人分の未採点のテスト用紙や5教科の成績が記載された書類のほか、2クラス68人分の氏名が保存されたUSBメモリなどが入っていた。

判明後に教師が被害届を提出、同校では対象となる児童の家庭訪問を実施して謝罪した。また全児童の保護者を対象とした説明会を開催している。

(Security NEXT - 2010/02/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マイナンバーカード盗難で職員3人を懲戒処分 - 横浜市
介護認定申請書類が所在不明、誤廃棄か - 習志野市
患者情報が記録されたHDDが所在不明 - 徳島市民病院
顧客情報含むPCが盗難被害 - 人事コンサルティング会社
路上で顧客情報が鞄ごと盗難 - 日神不動産
公害健康被害の不服審査に関する資料が盗難 - 環境省
地権者情報入りHDDがネット上に流通、事務所内で盗難か - 埼玉県
個人情報含む教員の私物パソコンが学内で盗難 - 東大
保育園駐車場で車上荒らし、健診データ含む個人情報が盗難 - 三重県
患者の個人情報や検査結果含むPCを紛失 - 兵庫医科大病院