Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スポーツ施設予約システムに不具合、申込者の個人情報が流出 - 大阪市

大阪市のスポーツ施設などを予約する「みおつくしスポーツネット」の「音声FAXサービスシステム」に不具合が発生し、申込者の個人情報が流出したことがわかった。

不具合が発生したのは、電話でスポーツ施設などの予約を行い、予約内容の確認書が自動でファックス送信される「音声FAXサービスシステム」。2月13日から22日まで同システムを利用した18人に対し、以前に申し込みを行った6人の氏名や申し込み内容などが誤って送信されたという。受信者からの指摘で判明した。

システムの機種更新を委託しているNEC関西支社が13日にサーバを切り替えた際、新サーバの不具合によりデータの更新が行われず、古いデータが送信されたことが原因だという。事故発生後、サーバを停止してプログラムの修正を行った。

同市では、流出の対象者に説明と謝罪を行い、ファックスを受信した18人にも謝罪して誤送信された書類の破棄を依頼した。また、委託先に対し再発防止策の報告を求めるなど指導を強化する。

(Security NEXT - 2010/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カード請求明細書の誤送付、件数が判明 - イオン銀
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
クーポンサイトでアカウントを重複発行 - ソースネクスト
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市
チケット購入確認ページに他人の購入情報を表示 - ローソンHMV
チケット購入者の個人情報流出、配信システム不具合で - 浦和レッズ
取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
他顧客の配送先情報をサイトで誤表示 - 基盤製造ベンチャー
メルカリの他利用者情報の誤表示、複数条件揃う必要