Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ボットネット発、正規ウェブ経由の標的型攻撃が発生 - 対国内攻撃は未確認

メッセージラボジャパンは、海外で公共機関や教育機関に対する標的型攻撃が発生しているとして、注意を喚起した。

同社研究機関では、1月に1976件の標的型攻撃を確認しているが、2月16日に従来とは異なる傾向の攻撃を検知。送信元に正規のウェブメールアカウントが利用されており、一部対策製品ではフィルタリングが機能しない可能性もあると同社では指摘する。

問題のメールは、ボットネットから発信されており、英文でカンファレンスの招待を装って7組織に対して送信された。問題がないオフィスファイルとともに、情報を詐取するマルウェア「Bredolab」の亜種が添付されている。

100222ml.jpg

同社によれば、今回確認された攻撃は海外の組織を狙ったもので、国内企業を狙う動きは現時点で確認されていないという。ただし、今後国内にも影響が及ぶ可能性があるとして注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
総務省、「テレワークセキュリティガイドライン」改正案でパブコメ