Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三菱電機、仮想化により3重化構成を実現する技術を開発 - 他システムのリソースを緊急時に活用

三菱電機は、仮想化技術を利用して冗長化環境を自動的に構築する技術を開発したと発表した。

今回同社が開発したのは、2重化環境においてメインサーバに障害が発生し、待機サーバのみ稼働する状態となり信頼性が低下した際に、仮想環境へ代替環境を自動的に構築することで、冗長環境を復旧できる技術。

同技術は、仮想化技術により他システムの空き資源を活用、2重系構成を自動的に復旧することが可能で、同社によれば、50Gバイトのデータを持つ仮想サーバ4台の場合、1時間程度で復旧できるという。

同社では、従来復旧用として別に用意していたサーバや外部のディスクなど不要となり、復旧時間の短縮など実現できるとし、今後はより高い信頼性が求められるシステムへの応用や代替環境構築時間の短縮など改良していく方針。

(Security NEXT - 2010/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から