Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

税金滞納者の個人情報含む書類が所在不明に - 静岡の財務事務所

静岡県の富士財務事務所において、自動車税の滞納整理票が所在不明になっていることがわかった。滞納整理など事務処理に影響はないとしている。

同県の発表によれば、所在が不明となっているのは自動車税の滞納整理票18件で、富士市内の滞納者7人の氏名、住所、滞納状況などが記載されていたという。

1月21日に整理票6件の紛失が判明し、その後28日から実施した電算データとの照合作業により、あらたに11件の紛失が判明した。また、2009年9月に納付確認済みの整理票1件も所在不明となっている。

事務所内での事情聴取を2月10日に実施し、12日に同県への報告した。同事務所では、引き続き整理票を捜索しており、関係者に対し説明と謝罪を行う。また同県では、各財務事務所の責任者を緊急召集し、滞納整理票の適正管理について再度指導する。

(Security NEXT - 2010/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

約550世帯分の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 仙台市
市営住宅家賃滞納者の名簿を委託職員が紛失 - 沖縄市
国保の差押予告通知に別人宛の文書を同封するミス - 舞鶴市
国保滞納者の個人情報含む一覧表を紛失 - 川崎市
水道料金滞納者の個人情報含む書類を一時紛失 - 静岡市
滞納者情報など匿名化せずに誤って公開 - さいたま市
介護保険料滞納者情報が記載された用紙裏面を再利用 - 木更津市
自動車税滞納者の個人情報紛失 - 神奈川県税事務所
水道料金未納者の個人情報含む「督促作業票」を紛失 - 新潟市水道局
市税滞納者名寄台帳1冊が所在不明、3月にも3冊 - 武蔵野市