Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MasterCard」のフィッシング攻撃が発生 - 問い合わせは20件弱に

フィッシング対策協議会は、クレジットカードブランド「MasterCard」を悪用するフィッシング攻撃が発生しているとして注意喚起を行った。

問題のメールは、「Important MasterCard Alert」「MasterCard Alert」「MasterCard Account Holder」といった件名で送付されており、新しい認証をシステムに導入したとしてアカウントのアップデートを要求し、不正サイトへ誘導するという。

100219ap.jpg
今回の攻撃に用いられているフィッシングサイト(画像:JPCERT/CC)

フィッシングサイトは現在も稼働しており、今回の攻撃に関連した問い合わせがMasterCardに対して11件、同協議会へ7件寄せられている。同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

また誤って個人情報を入力しないよう注意を呼びかけるとともに、類似した攻撃を発見した際は同協議会まで連絡してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意
Gmailに差出人を空欄にできるバグ「Ghost Emails」 - フィッシング攻撃などで悪用のおそれ
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
@nifty装うフィッシング - メールボックスの容量超過とだます手口
ソフトバンクIPOに便乗、投資家の個人情報狙うフィッシング
Apple装うフィッシング、「完全に凍結」「永久に禁止」と不安煽る
人によるアクセスか試す「偽PayPal」 - 自動巡回の検出を回避
カード決済時の本人認証「3Dセキュア」を狙うフィッシングに注意
カスペ、ゲートウェイセキュリティ製品に新版 - 出口対策にも利用できるコンテンツフィルタリングも