Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS10-015」適用時の不具合、原因はルートキット - MSが対策ツールを開発中

2月10日に公開されたセキュリティ更新プログラム「MS10-015」適用時に、再起動やブルースクリーンが発生するといった不具合が指摘されている問題で、マイクロソフトのセキュリティチームはマルウェアが原因であるとの見方を示し、対策ツールを数週間以内に提供する方針であることを明らかにした。

同社によると、不具合の原因はカーネルのバイナリを改ざんするルートキット「Alureon」で、多くのセキュリティ対策ソフトではインストールされる際に検知が可能なものの、すでに動作している場合は検知が困難だという。同社では問題のルートキットを検知し、駆除できるツールを開発しており、数週間以内に提供する考えだ。

今回の問題について、調査完了時まで「MS10-015」の自動配信を停止し、手動配信のみとしているが、64ビット版システムについては問題ないことが調査で判明したとして、自動配信を再開する。また32ビット版システムへの自動配信の再開は、ツールの提供などとあわせて提供時期の検討を進めている。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

取引先への案内メール約3000件を誤送信 - アットホーム
月例パッチ起因の「Outlook」不具合、緊急修正プログラム適用でクラッシュのおそれ
信用情報機関へ誤情報を登録、システム不具合で - ヤマトクレジット
メルマガでユーザーのメアド流出、システム不具合で - ネクソン
フォトブック作成サービス「ノハナ」で不具合 - 一部登録者の個人情報が閲覧可能に
Webrootで誤検知が発生、13分後に修正 - 影響範囲など調査中
福岡県で退職職員のマイナンバーを誤送付 - プログラムの不具合か
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
システムエラーで個人情報がメール差出人情報に - FUJI-Wifi
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ