Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MS10-015」適用時の不具合、原因はルートキット - MSが対策ツールを開発中

2月10日に公開されたセキュリティ更新プログラム「MS10-015」適用時に、再起動やブルースクリーンが発生するといった不具合が指摘されている問題で、マイクロソフトのセキュリティチームはマルウェアが原因であるとの見方を示し、対策ツールを数週間以内に提供する方針であることを明らかにした。

同社によると、不具合の原因はカーネルのバイナリを改ざんするルートキット「Alureon」で、多くのセキュリティ対策ソフトではインストールされる際に検知が可能なものの、すでに動作している場合は検知が困難だという。同社では問題のルートキットを検知し、駆除できるツールを開発しており、数週間以内に提供する考えだ。

今回の問題について、調査完了時まで「MS10-015」の自動配信を停止し、手動配信のみとしているが、64ビット版システムについては問題ないことが調査で判明したとして、自動配信を再開する。また32ビット版システムへの自動配信の再開は、ツールの提供などとあわせて提供時期の検討を進めている。

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「投稿を表示する相手」の選択肢設定に一時不具合 - Facebook
LINEで他ユーザーのタイムラインが表示される不具合 - 外部CDNの設定ミスで
Twitter、ハッシュ化前パスワードをログ保存 - 漏洩痕跡ないが変更検討求める
Vpassチケット、「iOS 11.3」で不具合
ITパスポート試験の申込者情報が漏洩、システム不具合で - IPA
楽天カード、3月7日朝に全面復旧を予定 - 6日も19時半より一時再開
楽天カードでシステム不具合、借入や一部支払に影響
仮想通貨取引所「Zaif」がBTCを0円売買 - 不具合を原因として無効化
カードの請求明細書を異なる会員へ誤送付 - イオン銀
市営駐輪場のウェブ申請に不具合、他人の身分証明書が閲覧可能に - 浦安市