Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

子会社でメール誤送信が発生、取引先担当者のアドレス流出 - パナソニック関連会社

パナソニックエレクトロニックデバイスは、子会社の従業員がメール送信時に操作を誤り、取引先担当者34人分のアドレスが流出したと発表した。

従業員が業務でメールを送信した際に設定ミスが発生したもの。取引先30社の担当者へ送付する際に宛先の記載を誤り、34人分の氏名、会社名、メールアドレスが表示された状態で送られた。

同社では判明後、関係者に対し事故の報告と謝罪を行い、関係官庁への報告も行った。不正利用などは確認されていない。

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

複数職員のアカウントで不正アクセスを行った職員を処分 - 多可町
メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県