Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットバンキングのセキュリティ強化を希望するも利便性気にする「慎重派」が半数超

RSAの調査によれば、国内のユーザーは、オンラインバンキングにおける新たな認証の追加に前向きなユーザーが多いという。

同調査は、2009年10月に北南米やヨーロッパ、太平洋地域のインターネット利用者4539人を対象に米RSAが実施した意識調査をRSAセキュリティが取りまとめたもので、日本人は200人が回答している。

ネット上のサービスにおける個人情報の漏洩へ不安を感じるユーザーは、87%にのぼっており、オンラインバンキングで、あらたなセキュリティ認証の導入することについて評価する声は79%と高い。

しかし、実際に利用するとなると事情は異なり、「大歓迎」というほどではないようだ。IDとパスワード以外に強力な認証について、「喜んで受け入れる」との回答は40%にとどまり、「受け入れる」とするユーザーが51%となり、やや「慎重派」とも言えるユーザーが半数を超えた。

同社では、日本のユーザーがセキュリティの強化すると利便性が損なわれるとして懸念している点を理由と分析。一方で「受け入れられない」と否定的な声は7%と少なかった。

(Security NEXT - 2010/02/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず
「標的型攻撃」の相談、半年で158件 - 前期比4割減
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
Linux向けダウンローダーの約99%がコインマイナー感染狙い
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符