Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky 2009」の定義ファイルで一時エラー - すでに修正済み

セキュリティ対策製品「Kaspersky 2009」において、定義ファイルのエラーが発生する問題が一時発生した。現在は修復しているという。

同製品を販売するジャストシステムが明らかにしたもので、2月17日に「定義データベースが破損しています」とエラー表示が行われる状態が発生した。修正した定義ファイルは同日21時ごろより配信が開始されており、最新版を適用することで問題を修正できる。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2010/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

きらぼし銀行、合併初日に一時障害 - 「旧八千代銀行」のシステムで
オンラインゲームの再開、来週以降となる見込み - マイネット
マイネットにサイバー攻撃、ゲーム13タイトルで障害
楽天カード、3月7日朝に全面復旧を予定 - 6日も19時半より一時再開
楽天カードでシステム不具合、借入や一部支払に影響
MSのセキュリティ情報メール配信サービスが停止中
NICOSカードのシステム障害 - HDD3台が同時に故障
NICOSカードのシステム障害、機器故障が原因 - サイバー攻撃は否定
一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中