Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Kaspersky 2009」の定義ファイルで一時エラー - すでに修正済み

セキュリティ対策製品「Kaspersky 2009」において、定義ファイルのエラーが発生する問題が一時発生した。現在は修復しているという。

同製品を販売するジャストシステムが明らかにしたもので、2月17日に「定義データベースが破損しています」とエラー表示が行われる状態が発生した。修正した定義ファイルは同日21時ごろより配信が開始されており、最新版を適用することで問題を修正できる。

Kaspersky Labs Japan
http://www.kaspersky.co.jp/

(Security NEXT - 2010/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一部でインターネット接続が不安定に - 大量経路情報変更が影響
個人間取引向けの「e発送サービス」で一部障害 - 原因は調査中
日本マクドナルドのシステム障害がほぼ復旧 - 一部店舗で調査継続中
通販サイト「ZOZOTOWN」でシステム障害 - 原因はDBトラブル
Bitcoin取引所のCoincheck、障害で取引無効化 - ロールバック実施
警視庁のウェブサーバに大量アクセス - 一時閲覧不能に
雑貨通販サイトでシステム不具合 - 顧客情報の誤表示など発生
Z会の新年度向けシステムがシステム障害 - 申込受付を停止
横浜市の住基ネット障害、手順書記載ミスで
通販サイトで顧客情報をキャッシュ、誤表示する不具合 - フェリシモ