Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アルバイト応募者の個人情報がネット上で流出 - トレジャーファクトリー

首都圏を中心にリサイクルショップを展開するトレジャーファクトリーは、サイト上のアルバイト募集ページに登録された個人情報が流出したことを明らかにした。

流出したのは、同社サイト上の「パート・アルバイト募集ページ」から応募した147人分の個人情報で、2月16日に判明した。同社によると、特定の操作により閲覧することが可能となっていたもので、氏名、住所、電話番号、年齢、メールアドレスなどが含まれる。

同社によれば、今回の流出による二次被害も発生しておらず、同ページ以外について流出はなかったと説明している。同社では、対象となる応募者に対し、個別に連絡して説明と謝罪を行う。また問題となった個人情報をサーバから削除し、同ページを一時的に閉鎖。流出の原因究明を進めるという。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイト売買仲介サービスから顧客情報約1.4万件が流出 - GMO
入試情報サイトで個人情報が閲覧可能に - 京都精華大
音楽教室の顧客情報がネット上に流出 - 宮地楽器
ナンバープレートなど含む記念写真データが所在不明 - 三菱自
仲介事業者情報へ外部からアクセス - 飯田産業
ソフバンテク、内部でマルウェア感染を確認 - 取引先情報含むサーバへ不正アクセス
投資情報サイトに不正アクセス、クレカ情報が流出か - 公表中止で混乱も
設定ミスでDBから顧客情報流出の可能性 - マーケティング会社
都税支払サイトからクレカ情報67.6万件が流出か - 「Apache Struts 2」の脆弱性突かれる
堺市、PCに顔認証を導入 - 有権者情報の流出を受けて