Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類を電話ボックスに置き忘れ、5日後に回収 - 香川県信組

香川県信用組合の職員が、顧客情報28件が記載された書類を電話ボックスに置き忘れて、一時紛失していたことがわかった。

一時紛失していたのは「定期積金管理票」41枚。2月3日14時ごろ、屋島支店の職員が業務中に立ち寄った高松市内の電話ボックス内に置き忘れたもので、その後拾得者より警察に届けられ、8日にすべて回収されたという。顧客28人の氏名、住所、自宅と勤務先の電話番号、職業、口座番号、掛け金、契約金額などが記載されていた。

同組合では回収後、対象となる顧客に対し説明と謝罪を行った。今回の紛失に関わる二次被害なども確認されていない。同組合では、拾得した人物へ感謝を伝えたいとして連絡がほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
料金の未納状況など含む給水停止一覧表を紛失 - 柴田町
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
高校で生徒の体力テスト記録票原簿を紛失 - 東京都
顧客情報含む領収書などを紛失 - 西部ガスグループ会社
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる