Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取り違えて別人の車両を廃車処理、個人情報が漏洩 - 京橋市税事務所

大阪市京橋市税事務所は、事務処理のミスで車両所有者を取り違えて原付自転車の廃車し、関係者の個人情報が流出したと発表した。

事務処理ミスは、2月4日に京橋市税事務所で発生したもので、廃車申請者の車両所有者を確認する際、誤って1文字違いの別人が所有する車両を廃車処理し、納税通知書と廃車申告受付書を交付した。書類には、氏名や住所、車種、車両番号、税額など記載されていた。

本来の管轄である他市税事務所へ書類を転送したが、同月10日に転送先の市税事務所の指摘でミスが判明。同市では、誤って交付した住民を訪問して謝罪し、事情を説明した上で書類を回収した。

誤って廃車処理が行われ、個人情報が流出した人物については申告せず転居していたため、連絡が取れないという。

(Security NEXT - 2010/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正
顧客情報含む資料を無関係の事業者へメール送信 - 名古屋のケーブルTV
全指名業者記載のファックス誤送信で入札が中止に - 千葉県
紛失や誤送付など1カ月間の個人情報関連事故は24件 - 大阪市
宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
覆面調査サービスに不正アクセス、PWなど漏洩 - WAF設定ミスで攻撃防げず
救命講習申込者への同報メールで誤送信 - 東京防災救急協会
GWパンダ観覧券の一部で他当選者名を記載 - 上野動物園
一部学費請求書を誤送付、前年データ流用後に作業ミス - 横浜市立大