Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

網屋の「ALogコンバータ」と富士通の「Systemwalker」が正式に連携

網屋は、同社製品であるアクセスログ監査ツール「ALogコンバータ」が、富士通の統合運用管理ソフト「Systemwalker」との連携を公式にサポートすると発表した。

「ALogコンバータ」は、クライアントPCのサーバに対する操作ログを取得、保管し、検索や分析が行える監査ツール。他社の主要統合ログ管理システムと連携できるログ転送連携機能などを備えている。

今回、「ALogコンバータ」が出力したログを、富士通の統合的管理ソリューション「Systemwalker Centric Manager」において自動的に取り込むことが可能となり、網屋では正式に連携をサポートするもの。

今回の連携にあたり、網屋では両製品において相互検証を実施して動作確認。富士通が「Systemwalker」における連携について定めた認定制度「SystemwalkerEnabled」の「Basic」を取得した。

(Security NEXT - 2010/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
NEDO、重要インフラ事業者間の情報共有基盤を開発 - 日立がサービス化
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO